2007年03月25日

フィギュア雑感

フィギュアスケート、決勝の中継を見た。

二回こけたけど、キムが断然よかった。フィギュアスケートはスポーツなんだなあ、と改めて思う。三回転だか四回転だか、サーカスじゃないんだし、そういうの、どうでも良いと個人的には思っている。四回転したって、そういうのってすごい!と思うだけだ。それは感動ではない。

体を動かして表現する、という事で言えば、キムがダントツだった。次は中野が良かった。技術的にはいまいちなんだろうが(俺にはわからない)
中野友加里には頑張ってほしい。
いつもそういう面でダントツの演技をする浅田は失敗しないようにと、気を入れなかったのかぱっとしなかった。いつもの浅田のモーツアルトのような演技を楽しみにしているヤマグチ家的にはがっかりだった。

先日のシンクロソロ、デデューの演技は見ていて涙が出た。素晴らしかった。そういう素晴らしい演技で金メダルである。納得なのである。そういう得感がフィギュアにはない。いつも、なんで?と思う。

芸術、なんていう万人に共感されない要素は廃し、わかりやすく合理的な技術の採点で評価を、というフィギュアスケートは、やはりスポーツなんだろうな。何回、回っちゃうか!
posted by やまぐち at 01:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。