2007年02月09日

山巡り

平日は五時五十分起床。六時半に家をでるかみさんにあわせて朝食を作るのですヨ。かみさんが出勤した後は午前中はだいたい練習してるんだが、今日はサドルにまたがり八時過ぎに出発。

最近お気に入りの滝の入線へのアプローチへ向かう。ちょうどウオームアップに良い感じなのです。左に行くと滝の入線、右は桂木線の二股交差点で今日は桂木線に行ってみた。
桂木線は下った事はあるが登るのは初めて。距離的にはたいしたことないが、それなりにけっっっこうな勾配。滝の入線への分岐を左に見つつ、コンクリ坂の勾配をさらに登ってみる。そこにはナカナカの勾配&眺望が…

katsura.jpg

毛呂の町が朝もやにもやもやともやっていて美しい。

行き止まりは民家がありなかなかの雰囲気である。滝の入線への分岐に戻り、滝の入線から黒山へ降りる。予定通り、そのまま猿岩線へ。

猿岩線って結構長いし、白石峠並みの勾配がきついが、途中に休めるぬるい坂がある。しかし、睡眠時間五時間、久しぶりの午前ライドなせいか、心拍があがらずきつい〜。ひーひー言いながら登頂。ここもすばらしい眺望が楽しい。丸太で作られたベンチで一休み。とても静かで、時々森の音がする。うーん、贅沢な一時ぢゃ。

saruiwa.jpg

そのまま東秩父グリーンラインを北進。

kabasaka.jpg

ロード乗りいないな〜。一人もすれ違う事無く、白石峠にたどりつく。刈場坂峠の先、少し凍結していたが通れなくはない。白石〜定峰は白石から見える部分は溶けていたが、ちょっと行ったらまだダメですた。

白石から定峰へのルートを様子見していたら、山から角刈りのランニングシャツスタイルの男たちがぞろぞろと出てきた。トレーニングかな?止まっているクルマをよく見ると自衛隊ナンバー。トレーニングじゃなくて教練か?(^^; 向こうもこちらをじろじろ見ていたが、おれもじろじろ見た(笑 ランナーの一人が「よし、よし」と繰り返しつぶやいていた。タイム更新できたかな?

白石から下山。西平で肉まんと缶コーヒーを補給。肉まんを食べていたら白石方面に向かうロード乗りを今日初めて一人、見る。
私は松郷峠へ。そのまま小川町におりて、嵐山にでるかな〜と思っていたら、噂の仙元山に出た。仙元山見晴らしの丘公園というのに行ってみる…

すげー激坂(^^;;
すぐ終わるけどね。

低い山にしては眺望も素晴らしかったです。

senngen.jpg

下山して槻川沿いの道から嵐山渓谷へ。嵐山渓谷を出たところにある、前から気になってたラーメン屋に入ってみた。営業のサラリーマンや休みの作業員やらで大入り満員。

taisei.jpg

拉麺大盛軒 (たいせいけん) 
http://r.tabelog.com/saitama/rstdtl/11000506/

うまかったですヨ〜 濃いめの鰹節だしで濃い色なんだけど、あっさりしてて。チャーシューもシナチクもどれもいい感じ。麺はすっごいぶっといのでびっくりしましたが、これは好みがわかれるかも。太いのでおなかにたまっていく感じがしました。

帰り、豆腐の藤屋により、ドーナツを購入し二時半頃に帰宅。だいたい70kmほど。ポラールを見ると1560m登ったことになってます(^^; 3300kcal消費。疲れた〜
posted by やまぐち at 15:42| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 自転車に乗る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すぐに坂を楽しめて羨ましい〜
大盛軒に以前立ち寄った時、床がつるつるでコケかけました(^^;
Posted by きーじぇい at 2007年02月09日 19:11
う〜みゅ。
旨そうだ。今度行ってみよう…と、いつも朝に通り過ぎるのであった…。
Posted by らんた at 2007年02月09日 20:57
きーじぇいさん
その気になればいくらでも山が近所にある環境ですもんね〜、でも平坦のロングライド最近全然やってないので、久しぶりにしたいです。

らんたさん
通勤ですか〜?。夜は結構おそくまでやってるみたいですよ。夜の部では新作限定5食とか張り紙にありますた…
Posted by やまぐち at 2007年02月10日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33283360
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。