2007年01月13日

すこしブレイクスルー

今日はパイプオルガンのレッスンだったのだが、レッスンは一時からで12時から練習を一時間させてもらっている。その練習の一時間で今までに無い感覚を味わった。パイプの息づかいが今までよりも明瞭に聞こえ、それを演奏に生かすタッチをほんの少しだが習得できた気がした。

ずーっと、パイプオルガンとは、なかなかピアノのようにお友達になれなくて、いろいろ悩みながらやってきたが(といっても一年すこしだけど)、少しお友達になれたようだ。レッスンでいつも厳しい師匠のコメントが比較的好意的。

結局、自分の感覚を信用するしかないのだよなあ。30年以上、時間をつっこんでつきあってきているピアノやトランペットという楽器から学んだ様々な事が生かせるのだ、という自信を少しもつことができた。

オルガンのタッチはピアノのそれとはまったく違うから、同じ鍵盤楽器とはいえ、まったく違う楽器だ。ピアノの経験が生かせるかどうかの自信が持てなかった。つまり、ピアノで得た経験は音楽的に普遍的なのかどうかという事が自信が持てなかった訳だ。今日はその自信が少しもてた。自分で考えてやっていけば良いのだという自信が持てた。

こうやって少しずつ小さなブレークスルーを繰り返していかなくてはいけない。

しかし師匠がレッスン中にさらっと弾いてみせるフレーズの美しさはどうやったらだせるのだろうか。

この体験を通じて「歌う事がちょっと出来るようになったな〜」と思っていたら師匠が「もっと歌えると良いですね〜」という。そうか、もっと歌っていいのか〜、と学生のようにうれしかった(笑

レッスン終了後。

自転車での往復ルートの研究で小作あたりを通り16号を避けながらクルマで帰宅。途中、近所の自転車屋さんを開拓すべくクルマで20分ほどの飯能の3UPさんの店に行ってきた。とりあえず、ずーっと持ってなかったフレーム用のポリッシュワックスを購入。お店は閑散とした地方都市なのに夫婦で地道にやってる感じで好感触ですた。

帰って全バラになっているTREKを組み立て、買ってきたワックスで磨く。泥だらけで年を越したので久しぶりにちゃんとメンテナンスをしてあげた。
久しぶりにピカピカですわ!ボトルホルダーが塗装が剥げてぼろぼろになってるのを発見。カーボン買うかな〜♪

しかしワックスって良いですな〜、ブレーキクリーナーでも落ちない汚れが気持ちよく落ちますな〜。
posted by やまぐち at 00:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31311742
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。