2006年09月22日

時相について、最終的には報道の想像力のなさに失望、の巻

安倍某が首相になるそうだ。おれは彼の顔を見て正直「気持ち悪い」としか思わない。政治屋つながりでも、スターウオーズの豪族ジャバ・ザ・ハットの方がまだまし。いや、ホントに。

すごい話…

きっこの日記
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060921

一昔まえだったら、一笑に付すような内容だが、昨今の時相ではそうでもない。むしろ、あり得る、と思う。

小泉もそうだが、森の家来だろ、こいつ。「日本は神の国」の森の、さ。しかし、なんでこんなに森に力があるんだろうか。立花隆も安倍に宣戦布告するなら今度は「森喜朗研究」でも書いてほしいところだ。貧弱で微妙な内容になりそう…。でも現代の日本の政治の能力と意思の低下をあぶりだす秀作な予感はする。


「式での起立・斉唱定めた都教委通達は「違憲」 東京地裁」
http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY200609210287.html
「「敗訴、1%も予想せず」 都教委は控訴の方針」
http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY200609210411.html

地裁の判決とはいえ、教育長のこの傲慢さ。

<中村教育長は「判決による学校現場の混乱は避けたい」と語り、「個人の思想・信条の自由があるとはいえ、学校現場で学習指導要領に反する姿勢を生徒に見せることが教育なのか」と判決を批判した。

つまり「学習指導要領」にしたがって、「憲法」で保証されている「個人の思想・信条の自由」を無視する事を実践しろ、と行っている訳だな。
憲法を尊重する事より、学習指導要領を尊重する事を「教育」だとこの教育長は言ってる訳だ。


ほんと、この国の人たちの考える力は60年前とまったく変わってないのだろうか。たよりなのは「戦争は良くない」という経験者の人たちの言葉のみなのか、という始末。経験則でしか話す事ができないのか。目の前の現実をすこし考えたらわかりそうな物なのに。

世論調査の真偽も議論としてあるが、実際の真相が来年の夏までその真相が明らかにされないのは、いかにも不安。とりあえず自分の大切な人が国策で死ぬような事になる前に選挙にいきましょうね、みなさん。


タイの軍事クーデター。

タイのタクシン政権崩壊、金権に強い批判
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060920i107.htm
「陸軍がクーデターに踏み切った背景には、タクシン政権の金権体質や首相の強権手法への反発がある。」

暴力による政権の奪取は、どんなに正当性があっても認められるもんではないだろう。金権政治に反発するならそのソンティ陸軍司令官が選挙にでて国民に信を問えば良いのだ。どんな結果を招いても、それが民主主義だろう。なぜそういう言及がされないのか。わざと誤解を招いているような書き方。これでは暴力によって政権が奪取されても仕方ない、という考えが透けて見える。

そういう風潮、基本的なルールを尊重するという事ができない人が最近多いのだろうか。自分のルールに従って動くのは良いけど、公共の場所ではやめてほしいものです。

飲んでるけど「それほどよってないから…」とかね。事故を起こして他人の家庭を滅茶苦茶にしてようやく気がつく人、大杉。


でも、そういう民主主義によって選ばれた「安倍」という自己撞着。
posted by やまぐち at 01:49| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日常雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうにもこうにも、ご無沙汰しております。

おかげさまで、ひさびさに「きっこの日記」見ました。
驚くべき内容ではあるが、あまりの内容なだけにすぐに真に受けるのも注意が必要かと思いますね。
あの内容が100%真実だとしたら明日にでも反対の意思表示をはじめねばならんですよね…。

ここ10年でそういう意思表示の困難さは桁外れに増大しているのではないか、と思います。意思表示そのものはソフトに規制されているに過ぎないが、関心のない人への届きかたというのは非常に難しい事態に陥っていると思います。
Posted by 松本健一 at 2006年09月23日 18:21
どうも、ご無沙汰ですね!
近々、共演をお願いしようと思ってます。またご連絡しますね。

>あの内容が100%真実だとしたら…

人の言葉にはバイアスがかかりますからね。でも、そういう類いの人たちが会合を持った、というのは重要だと思います。

<関心のない人への届きかたというのは非常に難しい事態に…

まったくですね。アンテナがたってないと反応できないような言説が多いです、最近のマスコミは。朝日は特に意図的な物を感じます。
東京新聞は、結構直球ですよ。家では定期購読しています。配達してるのはASAですけど。
Posted by やまぐち at 2006年09月24日 00:01
連絡待ってます!

Posted by 松本健一 at 2006年09月25日 10:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24187787
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。